交通事故後遺症 痛み外来専門サイト。痛みについての専門外来は、東京都中央区の細野クリニックへ

東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F

  • TOP
  • 交通事故後遺症

交通事故後遺症

交通事故後遺症の治療

交通事故による怪我で、治療したものの症状が残り、「症状固定」と診断された症状を、「後遺症」といいます。

交通事故による後遺症と一言で申し上げても、むちうちによる頚の痛み、腰痛、頭痛、関節の痛みや手足のしびれの症状から、慢性的な耳鳴りやめまい、強い倦怠感など、多岐にわたる辛い症状があります。

これらの辛い症状が残ったまま生活を続ける不便さは、決して慰謝料として受取るお金だけで解決できるものではありません。

交通事故にあい、整形外科や整骨院で施術をうけ、症状が良くなったものの、交通事故前のパフォーマンスに戻らない、体の調子がなんとなくすぐれない、なにかしらの違和感を感じる等の症状を抱えている方もいらっしゃいます。

むちうちによる障害

代表的な後遺障害の1つに、「むちうち」が挙げられます。

むちうちは頸椎捻挫といい、捻挫は一般的には数週間から2,3か月で治るものとされていますが、時間がたっても症状が残ってしまうケースもあります。

一般的には、痛みやしびれが残っていることが多いのですが、頚部の痛み症状のため、「首が動かしにくい」「常に肩が凝っている感じがあり、なんとなくモヤモヤした気分になることが多い」「疲れたり気圧の変化があると、寝込まなければならない程の頭痛に悩まされる」などの症状を併発しているケースもあります。

また、交通事故でむちうちにあい、症状固定と診断された方には、頚性神経筋症候群の症状を併発している方もいます。

このような方は、医師には「これ以上良くなる可能性は低い」と診断され、辛い症状を抱えたまま悩まれているケースもあります。

これらの症状は、通常の整形外科で行われる自賠責保険治療ではそれ以上の回復を見込めず「後遺症」と診断されますが、当院で行う骨格アライメント異常を改善する治療により、回復可能な症状も認められます。

慰謝料だけでは帰ってこない体のコンディション

後遺障害として認定されるには、医学的に交通事故との因果関係が認められなければならず、症状によっては、認定が難しい場合もあります。後遺障害として認定されて慰謝料が支払われたとしても、被害者にとって一番の願いは、事故前の体に戻ることではないでしょうか。

事故直後から局所に痛みやしびれがでてきた場合は、事故との因果関係がはっきりしていますが、慢性的に体がだるい、疲れやすい、頭痛、耳鳴りやめまいといった患部と一見すると無関係な症状は、交通事故とは無関係として処理されてしまう場合もあります。

このような因果関係がはっきりしない症状を「不定愁訴」と呼びますが、当院の交通事故後遺症に対する治療は、これらの症状にも対応しています。

交通事故後遺症への治療

当院では骨格アライメントドックによる検査と、PANセラピーによって不快な症状を取り除きます。

骨格アライメントドック

当院の交通事故後遺症治療では、まず骨格アライメントドックの撮影により、骨格のアライメント異常と機能を診断します。

交通事故による辛い症状が残存する方は、骨格のアライメントに位置ズレを伴うアライメント異常があることが考えられますので、これらの位置を特定し、全体的な動きと、位置ズレによる可動性の低下や、アライメントへの負担の度合いも診断します。※骨格アライメントドックに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

PANセラピー

共鳴振動の技術を用いた医療機器を用い、微弱な振動刺激を与え、筋肉の緊張を改善し骨格にアプローチし、骨格のアライメント異常を改善していきます。

無理やり強い力をかける「矯正」ではありませんので、強い痛みを伴わず、体が自然な形で回復し辛い症状が消失していくことが特徴です。※PANセラピーに関する詳しい情報はこちらをご確認ください。

他の治療との違い

交通事故後は首や肩が強く張り、整形外科の牽引などで首に無理な力をかけたり、整体やマッサージなどで繰り返し患部を強く揉みほぐすなどの施術を受けてくるケースもありますが、これらは患部に大きな負担をかけ、時には逆効果になることも考えられます。

PANセラピーは、微弱な振動刺激で筋肉の緊張を取り、関節の可動域を広げていくことにより痛みやしびれなどの不快な症状を改善していく治療ですので、体への負担はほとんどなく、緊張状態にある体を開放することができます。

特に交通事故による疾患に長く悩まされている方は、体全体が強く緊張しており交感神経亢進状態になっていることが多く、慢性的な倦怠感、肩こり、頭痛、イライラ感、などの症状を引き起こしています。PANセラピーにより緊張状態から解放されていきますと、自律神経のバランスもよくなり、辛い症状がなくなっていきます。

治療効果の一例

30代前半 女性

平成27年11月後部座席に乗車中に後方からきた乗用車に追突され負傷。整形外科で頸椎捻挫と診断され、整形外科標準治療にて加療。頸部の痛みに加え、頭痛、めまいの症状を訴え、神経内科にて外傷性頸部症候群と診断され投薬治療も並行して行われていた。

MRIの撮影も行っており、頚椎椎間板ヘルニアの疑いと診断されている。

特に頭痛とめまいが強く、投薬による治療を受けても回復傾向にないため、平成28年11月より当院を受診。PANセラピーによる骨格アライメントの治療を開始した。

毎日の頭痛とめまいに悩まされていたが、治療を重ねるごとにその頻度は減少傾向にあり、治療10回程度で頭痛の症状が消失。めまい・吐き気症状も減少していき、治療40回程度で気にならないレベルまで減少した。

骨格アライメントドックによる評価
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

治療前:平成28年6月撮影
治療後:平成29年1月撮影
骨格アライメントドックにて頸椎正面(開口位)から見たレントゲン写真です。
顔の中心と頸椎の軸椎との関係が大幅に改善し、位置ずれを伴ったアライメント異常が改善されました。健康な人のアライメントに戻りつつあります。

左側にずれていた顔の中心が頸椎の軸椎のほぼ直上に改善し、身体のセンター上に近づいていることがお分かりいただけると思います。

交通事故により頭痛・めまい・吐き気などの症状を併発しているときは、骨格アライメントに位置ずれを認めるケースが多く、アライメント異常を改善していくことで辛い症状が改善していきます。

よくある質問

Q:交通事故の「後遺障害」に該当しますが治療可能でしょうか?

A:後遺症とは、治療の結果、症状の改善が残ってしまった状態のことをいい、一方で、後遺障害は、「症状の改善が見込めない状態になり、労働能力の喪失や低下が伴う」ことをいいます。

当院のPANセラピーでは、外傷により骨折や関節が変形してしまったものを治すことはできませんが、それ以外の症状で、痛みやしびれなどの筋肉や骨格に由来する症状、耳鳴りやめまい、頭痛など「頚部」が関係する症状などに対しては治療効果を認めます。

また、動作に伴う痛みを軽減したり、事故後より低下していた体のパフォーマンスが上がるなどの副次的な効果も認めます。




Q:後遺症の認定をされていないと治療できませんか?

A:交通事故後遺症・後遺障害の認定を得ていなくても治療を受けていただくことが可能です。直接の因果関係が不明でも、交通事故後から調子が悪い、体の調子が元に戻っていないと感じる症状には、できる限り対応いたします。

※骨折や関節変形は治療の対象外です。




Q:交通事故との因果関係を証明したいので診断書が欲しいのですが可能でしょうか?

A:交通事故にあわれてから、当院にいらっしゃるまでの経過日数や、その間に別の整形外科に通院していらっしゃったかどうかで対応が異なります。

後遺症の場合、事故からある一定時間経ったあとに医学的な因果関係を認めることは難しい場合も多く、後遺障害の申請のための診断書の作成などは、承れないこともございます。


医院名
細野クリニック
住所
東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F
TEL
03-3563-0577 (ご予約優先)
FAX
03-3563-0578
MAIL
info@hosono-clinic.com
診療科
皮膚科 内科 整形外科
院長
細野周作
提携病院
聖路加国際病院/東京医科歯科大学付属病院/虎ノ門病院/東京都済生会中央病院/井出デンタルクリニック/伊藤メディカルクリニック